KORGそれは愛

今日、KORGの創業者である加藤孟氏が亡くなられました。 僕のシンセサイザー道はKORGのMS-20から始まったのでとてもショックです。 MS-20に出会うまではギターとRolandのDD-3と変態的なエフェクトの接続で僕の耳の刺激的な音に対する欲望(当ブログでは「音欲」と呼ぶ事にする)を満たしていましたが、それでは飽き足らずにMore!音変態を目指して日々スケッチブック片手に考えたりしていました。 そんな時本屋でサウンド&レコーディングの「シンセはエフェクターだ!!」みたいな特集をみて「何だと!!」と速攻で買いその特集でMS-20という音を加工しまくれるシンセサイザーがある事を知りました。 キーボーディストには申し訳ないですが学生だった僕はそれまでシンセサイザーはドリームシアターの様なプログレなオナニーをする為だけに存在する物だと勝手に思い込んでおりました(笑) MS-20のポテンシャルの高さを思い知って一日中ドラムマシンをF-Vコンバータにぶっ込んで初めてシンセサイザーだけの「太陽の祭り」という楽曲を作りました。(もうカセットが無くなった) RolandやYAMAHAの音質がトラックに馴染み易いハイファイな感じの気持いい音に対して、KORGの音質は僕の中ではAKAIの音に近い暖かくて太くて気持いい音がする様な気がします。 その後はER-1というアナログ感が最高に気持いいドラムマシンやKaoss Padという革新的なエフェクターや2000年になって世間がミレニアムという単語を使いまくっていたあの頃にはMS-2000に出会いました。

色々なKORGの製品を使いましたが、KORGの製品を使っていて僕は開発者の製品に対する暑苦しい程の「愛」を感じて使う度に好きになります。
シンセサイザーと出会って本当に良かった! 日本にKORGがあって良かった! 愛それはKORG。 KORGそれは愛。 KORGが無かったらMS-20も無かったし僕とシンセサイザーとの出会いはもう少し遅れていたでしょう。 加藤孟氏がKORGという素晴らしい楽器メーカーを立ち上げてくれた事に心から感謝し、ご冥福をお祈り申し上げます。

2011年3月

参考:
MS-20はこんな音↓

 

ER-1はこんな音↓

 

 

MS-2000はこんな音↓

 

僕は無事です&災害情報入手先まとめ

昨日の地震は人生で一番大きな地震でした。
皆様は大丈夫だったでしょうか?
藤沢の津波は大丈夫でした。昨日はUstreamの江ノ島ライブカメラから海の状態を確認しましたが、片瀬漁港も何とか大丈夫そうです。
藤沢の我が家もボロいので昨日揺れた時は一瞬死を覚悟しました。
水道やガスのインフラは大丈夫でしたが電話とインターネット回線が昨日は3〜4時間落ちてインターネットが使えない状態になったので情報はテレビと不安定な3G回線経由でのTwitterのみでした。
藤沢のスピーカーを使った放送はエコーがかかりまくりで何言っているか全くわかりませんでした。こんな時にダイハード4.0で言っていた世の中のインフラがどんなに落ちても使えるCB無線というのを用意しておくといいのかもしれません。
Twitterでは「#prayforjapan 」というハッシュタグで世界中が日本の為に祈ってくれていてとても心強く感じました。「Pray」は英語で祈るという意味です。
もし何も情報が入らなかったときや停電したり孤独を感じた時、是非覗いてみて下さい。
よくTwitterで会話しているイギリスのミュージシャンの女の子が僕の呟きをみて「I just read the awful news, Atsushi – I am relieved to see your post, I hope you are are OK? Stay safe!!」といってくれてとっても嬉しかったです。
もちろんTwitterが完璧なツールとは言いません。中にはこの最中にデマや差別的な事を言う輩もいるようです。。
僕のTwitterアカウントでもしばらくは地震に関する情報をTweet&RTしていくつもりですのでよかったらよろしくです。
テレビや新聞では信じられない光景を沢山みかけますが、悲観的にならずに皆で励まし合いましょう!
以下に簡単ではありますが災害情報のまとめをまとめましたのでご活用下さい。
・Twitterブログ: 東北地方太平洋沖地震に関して http://bit.ly/greVOW
・Save Japan 災害情報まとめサイト
・Google 東北地方太平洋沖地震 特設サイト、モバイルからもみられるようになっています。Person Finder (消息情報)も使えます。
・通信各社の災害用伝言板@ITmedia News
・Instagramにアップされた日本を応援する写真まとめ。世界中から祈りが届いてます。 http://bit.ly/ftSnat
・各テレビ曲のUstream
・コカコーラやサントリーは災害モードで無料で飲料を入手出来る自動販売機もあるようですので覚えておいて下さい。

新曲「Resonanced Sympathy」

新曲できました。

去年の秋からLogicで1曲、Abletonで1曲をメインの作業として取り組んでるんですがAbletonの方ができました。

タイトルはチュニジアのジャスミン革命の記念としてResonanced Sympathyとしました。
Resonanceは「共振」という意味で、国語辞書には「振動体に固有振動数と等しい振動が外部から加わると、振動の幅が大きくなる現象」という意味で、Sympathyは「共感」という意味合いで付けました。
まだネット上では色々な事件があるようですが、僕は今回のジャスミン革命はTwitterやFacebookによる情報や感覚の共有がやがて共振を起こしてあっという間に広がり一国の国のあり方を変えたんだと僕は認識しました。
モーリーさんのエッセイがとてもわかりやすいです。
この大きな出来事が国内では小沢問題や芸能の本当にくだらないニュースよりも小さく扱っている日本のテレビは本当に薄型テレビを買い替えてまで見る必要があるのか?と本当に疑問に思いました(笑)
チュニジアのジャスミン革命 参考記事↓
チュニジアの「ジャスミン革命」は「ソーシャルメディア革命」と呼べるのか?:シロクマ日報:ITmedia オルタナティブ・ブログ
チュニジアで起きた史上初のサイバー発革命 ツイッターが広げた蜂起の波 :日本経済新聞
エジプトの反政府デモと、リアルタイム時代のリテラシー:シロクマ日報:ITmedia オルタナティブ・ブログ

君はAbleton Liveの裏技のDummy Clipを知っているか?

YouTubeやVimeoのAbletonチュートリアル的な動画や、海外のAbletonのTip&Trick的なものを解説するブログなどでは有名なテクニックでDummy Clipという技があります。簡単に言えば空のオーディオクリップでエフェクトやデバイスのオンオフ、ミキサーの値をコントロールするという技でこれを応用すれば色々な面白い事ができるでしょう。
基本的な設定は、以下のようにダミークリップ用のリターンを作っておきそこにセンドオンリーで流しそのリターンをダミークリップをおくオーディオトラックに流しダミークリップをおくトラックのモニター設定を「IN」に設定するという感じです。
ルーティングの設定

例その1:
ダミークリップでエフェクトのチェインをコントロールする。
ダミークリップ用のオーディオトラックにこのような感じでエフェクトラックを作成し、

チェインをこのようにぶつからないように設定します。 以下のようにクリップでエフェクトのチェインをそれぞれ名前に対応したものに切り替えるように設定します。 するとこの動画のようにクリップでエフェクトのチェインをコントロールする事ができます。

例その2:ミキサーのヴォリュームをコントロールして手描きのゲートを作る。
ダミークリップでミキサーのVolumeのエンベローブを描いてやると思った通りのゲート効果を得る事ができます。
これを実験するには持続的なサウンドでやるとわかりやすいでしょう。

普通のオーディオクリップにエンベローブを書いてコントロールすることも勿論できますが、これのよい所は使い回しがきくという所なんじゃないかと思っています。
ここで紹介したのはダミークリップのほんの一例です。
もっと面白い使い方があるかもしれません。
みなさんも色々実験して面白い使い方をみつけてみてはいかがでしょう。
そしてよかったら教えて下さい(笑)

2010〆挨拶

年末は皆さんいかがおすごしでしょうか?
今年の年末年始は寒波がやってくるらしいので皆さんお体を大事になさって下さい。
今日は窓ふき掃除をして毎年この時期だけ日本酒を飲んで家でだらだらするので先程「酔鯨」を買って参りました。
一年間で酒を飲む事自体余りしなくなったので、今日と明日は四六時中飲もうと思います。

銀河鉄道999がまた日本酒に合うんだなぁこれが。

今年もソーシャルメディアを通じて、数多くの素晴らしい方に出会え楽しく交流出来てとてもよかったです。

尾藤イサオの踊りのキレ具合の様にエッジが効いた曲をどんどんだそうと思います。

では良いお年を!

Max for Liveを1年ぐらい使った後の感想&考察

Max for LiveMax /MSPを1年位使ったので2010のMaxのまとめ的に日記を書こうと思います。

何かの本でみかけましたが、世の中のあらゆるツールってのはまず「見よう見まねで使い始める」のが第一段階、そして次第に使えるようになるのが「第二段階」で、「ツールが生活の一部になり、まるで剣道の型のように自然に動く」のが第三段階でその第三段階をクリティカルポイントと言うそうです。

特にこのMaxはクリティカルポイントを超える事が僕的には重要だと最近感じています。

僕はまだMaxを内蔵のチュートリアルや「Maxの教科書」で學び始めたばかりな段階なのでまだ第一段階で勉強している最中なのですが、Abletonで曲を作りながら勉強するのがとても難しいです。

Maxのクリティカルポイントを超えれば剣道の型のように自然にチャチャッと出てきて、曲作りにフォーカスしつつもMaxで作業出来そうですが、現段階では脳味噌がもう一つ必要な感じです(笑)

Max for LiveとAbletonの組み合わせとRewireを返したLogicやProToolsとの組み合わせを試した所、やっぱりMax for Liveが一番Maxを利用し易いと感じました。その他のDAWだとヨッコラショと気合いが必要な感じですがw、それがなくまるで内蔵のEffectを使う感覚です。内蔵エフェクトと組み合わせてデバイスラックとして保存できたりできて再利用可能なのがとてもいいと思います。

Maxの達人の諸兄に読まれると恥ずかしいですがとても簡単に作った最近気に入った&気になるパッチをご紹介。

Plugoのファズを改造

「maxの教科書」に載っているフィルターのカットオフをステップシーケンサーで動かすというパッチを拝借してPlugo for LiveのPlugo Fuzzのインプット段のフィルターのカットオフをステップシーケンサーで動かしてみました。

とても暴れん坊さんな音がして最近とても気に入ってます。

これを使っていると「仮面ライダー ディケイド」劇中の格言『創造は破壊によって生まれる』って言葉を思い出します。

人によっては気持がいい音かもしくはただの雑音かもしれません(笑)

設定によってはMetasonixのエフェクターの様な音が出る気がします(本物持ってないので未確認)

今後はLiveの中のクロックと同期させる事が課題かなと思ってます。

※音量注意!

●Dubspotの気になる動画

NYのDJ、DAWの学校のDubspotがYouTubeにアップロードしたmax for liveでLiveの内蔵のエフェクトなどのあらゆるパラメータをサイドチェインでコントロールする方法が気になっています。まだ詳しくはわかりませんが、どうやら「live.remote~」とかのLive専用のオブジェクトを使っている感じです。とても気になります。こういうものこそMax for Liveでなくてはならないんじゃないでしょうか?今後掘り下げたい部分です。

△な点

  • Macを再起動後にゴミ箱に「oobo」とかいうファイルや何だかよくわからないゴミがRecovered Filesの中に入っている。なんか気持が悪いです。undoの履歴とかかな?
  • たまにMax for Liveが原因っぽい感じで落ちる時があります。。
  • どうも内蔵のオンラインチュートリアルがしっくりこない。iPadやiPhone、Evernoteでも読めるようにしてほしい。僕の場合マニュアルは蛍光ペンや赤ペンで思いついた事を書き込みまくるのでロックされて編集不可なのは痛いです。
  • 可能性が無限過ぎる。有限の可能性の方がクリエイティビティが発揮し易い場合もあると思うし、「へぇ!こんな事もできるのか!」という発見とかがあるけどそれで終わってしまう日がある(笑)

■反省点

まだ思いついたアイデアをすぐに実現できない。「音楽制作」の作業をしていたのにいつの間にか「開発者風」な作業をしてしまっている事がある。「この作業、音楽じゃないじゃん!」って気付く事がある。まあこれはMaxの習熟度の第2、3段階を超えればそういう脱線は無くなるかもしれませんね。

もっと10年位前にmaxを買っとけば良かったと最近思います(笑)

慣れたら相当素敵かもしれない音楽インターフェース


Airpianoという慣れたら相当素敵かもしれない音楽インターフェースを発見しました。

とりあえずAirpianoを使った演奏を観てみて下さい。

楽曲もいいセンスしてますが映像の冒頭に”All sound played live”って書いてあります!

鍵盤とテルミンを合体させたような感じですね。

ウェブサイトによるとOpen Sound Controlに対応している様です。

ジョー・ハミルトン女史が解説している動画はこちら↓

これに近いものだとContinuum FingerboardEigenharpなんかが近いんじゃないでしょうか?

どれも次世代の音楽インターフェースだと思います。

3つの中だとこのAirpianoが一番修得が大変そうですが、オーディエンスから見た視覚的な動きは一番大きくて楽器の事を余りしらない人でも「何か得体の知れない楽器を演奏している!」という衝撃があるんではないでしょうか?

ライブのステージでMIDIのツマミとかを回していても、見ている側からだと人によっては「うつむいてチマチマ何かしている」と思われたり、ライブ演奏後に「今日のDJよかったよ!」ととか言われる可能性がありますが、これだったら確実に素人にも「今日のライブ良かったよ!」って言われるはずです(笑)

気になるのは値段ですね。まだ販売はしてないようですがContinuum FingerboardEigenharpもお値段高めなので、ひょっとしたら高いかもしれません。

Airpiano 詳細↓

http://www.airpiano.de/

http://www.youtube.com/user/johamiltongown

34歳&ギター歴20周年ぐらいになりました。

12月12日で34歳になってしまいました。

歳は一つ取りましたが心は永遠の15歳で少年の心持ち続けたいと思います。

今日の夜は母とハンバーグ大魔王に行って肉を久々に食べようと思います。

さてさて僕のギター歴も確か中2ぐらいからなので今日でおよそ20周年なのです!

そこで僕のギター歴と音楽偏愛歴を記念に書こうと思います。

ギターは吹奏楽部の部室でクラシックギターを触るまではお金持ちの趣味だと完全に思い込んでおりました。

音楽自体も小学校6年ぐらいにプリンスのバットマンのアルバムで目覚めるまでは「泳げ!たいやき君」か母がファンの井上陽水ばかり子守唄代わりに聴いていた様な気がします。

吹奏楽部の部室で友人Yにクラシックギターの弾き方の触り部分を教えて貰い、夢中になりあの頃ファンだった、たまの「さよなら人類」やRCサクセション、Buck-Tick、X-Japan、筋少辺りをスコアをみてひたすら弾きまくってたと思います。
特にXやBuck-Tickは確か友人T君やY君やF君と原宿や新宿のビジュアル系の衣装を売っている店に行き、村岡公民館でただの練習なのになぜかスプレーで髪を立てて、部屋の灯りを暗くして、Buck-TickやXのゴッコをして楽しんでました。
T君がとても桜井敦やTOSHI、YOSHIKIの物真似がうまくて楽しくてしょうがなかったですw
帰りに髪を立てた髪を友人達は水で元に戻してから帰るんですが、僕だけ髪を立てたままでママチャリに乗って帰りました。知らない女の子に笑われました(笑)
その後高校入学と同じ位にOZZYのミラクルマンとメタリカのLight the Lightningでメタルで目覚めその後はどんどん重くてエッジの立った音に傾倒して行きました。あの頃のギターヒーローはザック・ワイルドやランディ・ローズでした。

最初のギターは確か地元の青木楽器(BOW) で買ったフェンダージャパンのストラトのネックがメイプルでしたがメイプルのベトベト感が気に入らないので、B.C.RichのBich↓に乗り換えプックアップは勿論メタリカやセパルトゥラ御用達のEMGの有名なやつ(名前忘れた)をマウントし、弦はアーニーボールの一番太い奴でw、ピックも固い奴を使ってコリコリ言わせてました。

そのギターは斧で掘ったりw、ライターのオイルをかけて火を付けたり、接着剤をパテみたく載っけたりずいぶん乱暴に扱いましたが、ギターはそれぐらいしても壊れない奴じゃないと駄目だと橘高兄さんが言ってましたw

その後はスラッシュやデスメタル辺りまで辿り着き、その頃のコピーバンドはカーカス辺りをやっていたと思います。

楽しくて気持よかったのですが、若干ヘビーでエッジの効いた音に飽きてしまいました。
僕の耳はもっとヘンテコな音を求めていました。
メタルの速弾きでの手グセを直すべく一時期は新しくはないが結構好きだったベンチャーズやディックデイル辺りもかじりました。
サーフは新しくはないですがちゃんと弾けると相当気持ち良いジャンルだと今でも思います。


ヘンテコな音の欲求を満たすべく当然BOREDOMSやOOIOO、ROVO、ソニックユース、ジムオルーク等を聴いてました。
その頃、僕に決定的に影響を与えたギタリストは山本精一さんでした。
僕のギターの奏法も速弾きは諦めてw、どんどん変わった音、ヘンテコな音、この世にまだ無い音を探し求めているうちに、ライブでのギターソロはDD-3のタイムをリアルタイムにいじったり、この様な↓2重フィードバックの接続をしてノイズを出す言わばノイズソロに置き換わりました。

やがてサンレコのシンセ特集がきっかけで人生初のシンセサイザーのMS-20を頑張ってバイトして購入し、シンセの道のりが始まりました。
その1年後ぐらい?にマックで音楽制作が出来る事をしり、色々なソフトの使い方を勉強し出すのですが、まともに曲が作れるようになるまでには結構時間がかかった気がします(笑)
本当に色々勉強しました。

そして現在に至ります。
でもまだ學ばなくてはならない事や経験を積み重ねて行くべき事がまだまだ沢山あるように思います。

今はこの2本のギターをメインに使ってますが、やっぱりハムの音やピッキングハーモニクスの音がたまに恋しくなるのでw、GibsonのSGが欲しいですねー。
今後は今勉強しているMax for Liveをギターのツールとして使ったり、VG-99とかのギターシンセの世界にも突入したくてたまらないです。
そして僕が気持いい音で聴く側も気持ち良くなってくれるような曲をどんどん作って行きたいです。
あとDJにも興味津々です!
DJも一人前になってその経験を曲作りにフィードバックしてみたいです。

V-Synth GT実験日誌

V-Synth GTの可能性をまた見つけてしまいました! V-Synth GTは1台でこれまでのV-Synthの2台分(以下Upper Tone,Lower Toneと呼ぶ)を搭載しているので2つの音色をレイヤーして重ねたりもできますが、ダイレクトアウトと外部入力を使って擬似的にセンドリターンのルーティングを行なう事ができます。 以下の図の様にUpper側のRoutingページにて接続先を「DIR(ダイレクトアウト)」にしダイレクトアウトから任意のエフェクトをはさみ、Lower側のOSCページにてソースを「Ext In」にするとV-Synthの音を外部エフェクトで加工してまたV-Synthに戻して出力する事ができます。

以下の音は間にはさむエフェクトをSherman FilterBankとMS-20を通したりV-Synth GT内蔵のCOSMやEffectをかけたりしたものです。 外部Effectなし

[audio:http://electrounin.com/blog/wp-content/uploads/00-No-Effect.mp3|titles=00 No Effect]

FilterBankをかけた音

[audio:http://electrounin.com/blog/wp-content/uploads/01-+FilterBank.mp3|titles=01 +FilterBank]

FilterBankをかけV-SynthのCOSMでサイドバンドフィルターをかけた音。サイドバンドフィルターはノイズやドラムなどに音程を付けられます!

[audio:http://electrounin.com/blog/wp-content/uploads/02-+FB+SBF.mp3|titles=02 +FB+SBF]

さらにCOSMのAmpをかけた音

[audio:http://electrounin.com/blog/wp-content/uploads/03-+FB+SBF+Amp.mp3|titles=03 +FB+SBF+Amp]

さらにエフェクトでスライサーをかけた音。

[audio:http://electrounin.com/blog/wp-content/uploads/04-+FB+SBF+Amp+Slicer.mp3|titles=04 +FB+SBF+Amp+Slicer]

MS-20のF-Vコンバータを使ってドラムループでMS-20を奏でた音

[audio:http://electrounin.com/blog/wp-content/uploads/MS-20.mp3|titles=MS-20]

WaldorfのLargoを手に入れた。

最近1000円をコツコツ貯めたお金でドイツのWaldorf社のLargoというソフトシンセを手に入れました。 Waldorfというメーカーをご存知だろうか? シンセサイザーの合成方式の一つであるウェーブテーブル方式を採用したPPGというシンセサイザーを開発したWolfgang Palm氏(デジタルシンセの父と呼ばれる)が始めた会社でWAVE、MicroWave、Q など数々の素晴らしい名器を世に輩出したが、音源方式がマニアックで価格帯が高価であった為か一度倒産してしまいました。

PPG

WAVE

拙僧も大学生の頃にMicroWaveXT とても欲しくいつも枕の下にカタログをしいて寝ていたのだがついにとうとう買えなかった(笑)

とうとう買えなかったXT

しかし、WaldorfはコンパクトなシンセサイザーのBiofeldとソフトウェアシンセサイザーのLargoなどの小規模な(攻撃的でない?)ラインナップでこじんまりと見事にI’ll be backしてきました! ドイツには日本と同じく素晴らしい電子楽器のメーカーが多くとても共感を覚えるのだが、惜しくも倒産してしまったメーカーもある。 Waldorf,Quasimidi,Creamware,… 個人的にはQuasimidiはなんで潰れちゃったのだろうと不思議でならない。友人のQuasimidiのRave-O-Lutionはとてもいい音がしていたので何かいい形で復活してくれたらなとたまに思います。

名器のRave-O-Lution309

で、肝心のLargoの音なのですが現在はとりあえずプリセットを掘り下げて遊んだりしている(勿論そのまま使う機はチャンチャラないよw)のだが、このLargoのサウンドはとても鋭い刃物かノコギリのようです。 またフィルターが素晴らしい! 特にコムフィルター(櫛形フィルター)がヤバい。 フィルターの手前には歪み系が付いていてそれを加えるとまたまたヤバい。 簡単にギューーーーン!って音がでる。 今の所、ツマミを回す度に昇天してしまいます(笑) どんな音がするか聴いてみたい方はこの氏家さんの動画を観てみて下さい。

操作性もある程度シンセサイザーの知識に精通している人ならばマニュアルなど読まなくてもサクサク使えるデザインになっていると思います。(試しにマニュアルを読んでみたのだがフォントが見づらいw) ひょっとしたらソフトウェアシンセのデザインの方がWaldorfは上手なんじゃないだろうか? とりあえずWaldrofには今後は余り無茶(素晴らしいけど鬼高いハードとか)はしないで欲しいと強く思った。(笑) そりゃ俺もハードの方がCPUがウンチャラとか考えなくていいし体の一部の様な感じでいじれて全然好きですが、日本の住宅事情も厳しいしお財布も厳しいので数年前まではしかたなくソフトシンセをいじっていましたが、AbsynthMassiveの様にソフトシンセでしか出せないもしくはハードにしたら相当高いシンセが出てきたり、Artuiraの様にもうとても買えない往年のビンテージを忠実に再現したり、Circleの様にわかりやすいのに優れた結果が得られる(Mac OS的な設計思想?)様なGUIがとてもよく考えられたシンセが出てきてとてもいい状況になっているような気がします。 逆に言えばこれからのハードシンセはそれらの魅力を乗り越えてなおハード(もしくはハイブリッド)に惹き付ける魅力的な要素が盛り込まれなけらばならないと最近思います。 もうハードのPCMシンセは全く欲しいと思えないなぁ。。 曲作りのインスピレーションを得る為に音作りの実験は必要だけども実験しすぎて「実験」としては面白いけど、「曲」としては全くいいと思えないんじゃ意味が無いと最近よく思う。 これはMacや曲作り全般に言える事だと思うが、このLargoもある程度シンセサイザーの知識がある人ならもうスーパーマリオ並みに中毒になる様なシンセだと思うが、高橋名人が言う様にたまに散歩とか休憩を入れて自分自身に「曲としてはどうなのか?」という様な問いかけをするべきだと思う。 ま、とりあえず高橋名人は偉大ってことだよw!