とてもショックです

とてもショックです

先日、石川忠さんが亡くなられているのを知りとてもびっくりしました。

Twitterでよく会話していて、オートバイの話や僕と同じく昔のCG以前の光学エフェクト多めの特撮を流しながら作業するのを知り石川忠さんも「僕以外にも同じ環境で作業をしている方がいてとても嬉しい」とおっしゃって頂き、バイクやキカイダーやイナズマンなどの特撮話、CASIO CZシリーズの話や最近のオススメのハードウェアサンプラーを聞かれてMPCよりも安いAKAIのMPX8 をオススメしたりしました。

亡くなられている事を知らなくて、「また特撮話でおしゃべりしたいなー。最近みかけないけどお忙しいのかもな。藤沢にバイクでまた来ないかなぁ」と思ってましたが、DommuneのTLで「トリビュート 石川忠 R.I.P. Chu Ishikawa」というのが流れてきた時に初めて知り、とてもとてもびっくりしました。

僕が初めて塚本晋也監督とサウンドトラックを手がけている石川忠さんの映画をみたのは、中2の丁度ギターを弾き始めて親友の影響でBuck-Tick,X japanを聴き始めて村岡公民館を借りて、公民館で髪を立ててBuck-Tickごっこをしたり、土曜日に小田急で新宿や原宿のマリズロックに通い弾丸ベルトなどを便所でつけて、当時出来たばかりの東京都庁に登って、リハーサルが終わり待ちをブラブラしているBuck-Tickメンバーに成り切って都庁から下を見下ろし「人が蟻の様だな。人間て何だろうな?」などといかにBuck-Tickメンバーっぽい事を言えるかを親友と競ってケラケラと笑いつつも、Buck-Tickが影響を受けたBauhausなどを掘り下げていたぐらいの頃に、今にしかないテレビで夜中にエロビデオ見るかWOWのザッピングを脳内で合成して処理する伝説を作ろうとBS NHKでたまたまかけたら一番最初の鉄男をたまたま見て、映像とサウンドトラックに大衝撃を受けたのが最初でした。

田口トモロヲさんがばちかぶりで暴れて無かったらこの鉄男が無かったし、塚本晋也監督石川忠さんの音楽が詰まったこの映画が無かったら今の僕は無い人生の中で外すことが出来ない映画です。

観てない方は人生損している事を断言します!

僕は何度も鑑賞したい映画は以前はDVDでししたが最近はDVDプレイヤーは1年ぐらいで壊れるので、iTuneで購入し鉄男も何度も鑑賞しているので十分もとは取れています。

僕の様にヘビースモーカーでいつでもどこでも観たい方はiTuneで観るのをオススメします。

鉄男

https://itunes.apple.com/jp/movie/%E9%89%84%E7%94%B7-tetsuo-the-iron-man/id1103192411

鉄男 II

https://itunes.apple.com/jp/movie/%E9%89%84%E7%94%B7-the-body-hammer/id1103823404

鉄男 THE BULLET MAN

https://itunes.apple.com/jp/movie/%E9%89%84%E7%94%B7-the-bullet-man-%E5%AD%97%E5%B9%95%E7%89%88/id495959734

あと数日で12月になりますが、12月4日のドミューンで「トリビュート 石川忠 R.I.P. Chu Ishikawa」が行われるそうです。

まだまだ色んなお話をしたかったし、今年無事に去年の大型トラックに続き牽引の免許を無事に取って今後はバイクのフレームや芸術の活動用に溶接の事を聞きたかったり、また特撮話で盛り上がりたかったのですが、51歳という若さで亡くなられていた事にとてもショックを受けています。僕も含め石川忠さんの訃報にショックを受けてまだ受け止められてない方も国内外で多いと思います。僕は石川忠さんの音楽、中2で最初に観た鉄男の衝撃、特撮話やオートバイの事などを話させて頂いた思い出を決して忘れません。

石川忠さん、どうぞ安らかに。

Rest In Peace Chu Ishikawa

塚本晋也の監督作支えた音楽家・石川忠が死去、「鉄男」「野火」など担当 – 映画ナタリー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください