Max for Liveを1年ぐらい使った後の感想&考察

Max for LiveMax /MSPを1年位使ったので2010のMaxのまとめ的に日記を書こうと思います。

何かの本でみかけましたが、世の中のあらゆるツールってのはまず「見よう見まねで使い始める」のが第一段階、そして次第に使えるようになるのが「第二段階」で、「ツールが生活の一部になり、まるで剣道の型のように自然に動く」のが第三段階でその第三段階をクリティカルポイントと言うそうです。

特にこのMaxはクリティカルポイントを超える事が僕的には重要だと最近感じています。

僕はまだMaxを内蔵のチュートリアルや「Maxの教科書」で學び始めたばかりな段階なのでまだ第一段階で勉強している最中なのですが、Abletonで曲を作りながら勉強するのがとても難しいです。

Maxのクリティカルポイントを超えれば剣道の型のように自然にチャチャッと出てきて、曲作りにフォーカスしつつもMaxで作業出来そうですが、現段階では脳味噌がもう一つ必要な感じです(笑)

Max for LiveとAbletonの組み合わせとRewireを返したLogicやProToolsとの組み合わせを試した所、やっぱりMax for Liveが一番Maxを利用し易いと感じました。その他のDAWだとヨッコラショと気合いが必要な感じですがw、それがなくまるで内蔵のEffectを使う感覚です。内蔵エフェクトと組み合わせてデバイスラックとして保存できたりできて再利用可能なのがとてもいいと思います。

Maxの達人の諸兄に読まれると恥ずかしいですがとても簡単に作った最近気に入った&気になるパッチをご紹介。

Plugoのファズを改造

「maxの教科書」に載っているフィルターのカットオフをステップシーケンサーで動かすというパッチを拝借してPlugo for LiveのPlugo Fuzzのインプット段のフィルターのカットオフをステップシーケンサーで動かしてみました。

とても暴れん坊さんな音がして最近とても気に入ってます。

これを使っていると「仮面ライダー ディケイド」劇中の格言『創造は破壊によって生まれる』って言葉を思い出します。

人によっては気持がいい音かもしくはただの雑音かもしれません(笑)

設定によってはMetasonixのエフェクターの様な音が出る気がします(本物持ってないので未確認)

今後はLiveの中のクロックと同期させる事が課題かなと思ってます。

※音量注意!

●Dubspotの気になる動画

NYのDJ、DAWの学校のDubspotがYouTubeにアップロードしたmax for liveでLiveの内蔵のエフェクトなどのあらゆるパラメータをサイドチェインでコントロールする方法が気になっています。まだ詳しくはわかりませんが、どうやら「live.remote~」とかのLive専用のオブジェクトを使っている感じです。とても気になります。こういうものこそMax for Liveでなくてはならないんじゃないでしょうか?今後掘り下げたい部分です。

△な点

  • Macを再起動後にゴミ箱に「oobo」とかいうファイルや何だかよくわからないゴミがRecovered Filesの中に入っている。なんか気持が悪いです。undoの履歴とかかな?
  • たまにMax for Liveが原因っぽい感じで落ちる時があります。。
  • どうも内蔵のオンラインチュートリアルがしっくりこない。iPadやiPhone、Evernoteでも読めるようにしてほしい。僕の場合マニュアルは蛍光ペンや赤ペンで思いついた事を書き込みまくるのでロックされて編集不可なのは痛いです。
  • 可能性が無限過ぎる。有限の可能性の方がクリエイティビティが発揮し易い場合もあると思うし、「へぇ!こんな事もできるのか!」という発見とかがあるけどそれで終わってしまう日がある(笑)

■反省点

まだ思いついたアイデアをすぐに実現できない。「音楽制作」の作業をしていたのにいつの間にか「開発者風」な作業をしてしまっている事がある。「この作業、音楽じゃないじゃん!」って気付く事がある。まあこれはMaxの習熟度の第2、3段階を超えればそういう脱線は無くなるかもしれませんね。

もっと10年位前にmaxを買っとけば良かったと最近思います(笑)

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.