「Software」カテゴリーアーカイブ

次のMainstageに期待している事。

今のLogic StudioにはLogic Pro 9,Soundtrack,Wave burnerの他にMainStage2というアプリケーションが入っていて、これを起動すればMac自体がライブ用のギターやキーボードのシステムに変身する。

NINのギグではこのMainstageが活躍したようだ。

MainStageをぶらぶらと使ってみた所、以下の様にカスタムのGUIを設定してそこに好きなコントロールチェンジなどをアサインできるので、その気になれば自分専用のセットアップを自由自在に組める様だ。

このMainstage2は2になってからRewireというコンピューター内で簡単にあるソフトとあるソフトのオーディオやMIDIの同期をいっぺんに接続できる規格の対応により他のソフトウェアと繋がる事が出来る様になった。

だがしかし!

このMainstage2はRewireのマスターにしか対応していないのだ。

どういうことかというとRewireにはマスターモードとスレーブモードがあってマスターにしたい方を先に起動すればいい。

例えばLogic,ProToolsAbletonなどのDAWをマスターとしてReasonをスレーブとして立ち上げるとまるでReasonがMac内部にある外部音源的な振る舞いをする。

これはReasonがReiwreスレーブも対応しているからできるが、Reasonは内蔵の音源のみでAudioUnitなどのプラグインを扱えない。

MainstageはAudioUnitやEXS24,Ultrabeat,SculptureなどのLogic内蔵の素晴らしい音源を立ち上げる事はできるがマスターモードしか対応していないのでReason的にLogicやLiveなどから音源として使う事ができない。

実際にLogicを起動した状態でMainstageを起動するとこんな事を言われる↓

だからDAWを操作して作業しつつもMainstageでお気に入りのライブ用のセットを作るには現状ではMacを2台使いさらにもう1ライセンス買わなきゃ出来ないのだ。

そこまでするほど魅力的なアプリケーションではないと思うのでそんな事はしない(笑)

だからMainstageはRewire スレーブに対応する必要があると思うのだ。

ひょっとしたら技術的にAudioUnitは1つのホストでしか扱えないとかそういう制約があるのかもしれないがそこをぶち破って欲しい。

最近、AvidはやっとProTools9になって他社のオーディオインターフェースでも動く様になった。

つまりオープンになった。

まるで貞操をかたくなに守るかの様に振る舞って来たあのPROTOOLSが他社のインターフェースを使えるっていうのはとても画期的に思える(笑)

Appleにもそういう画期的な姿勢を見せてくれる事をとても期待している。

それが出来れば今までのEXSのサンプルの資産やSculpture,Ultrabeat,ES2をProToolsLEやAbleton Liveで使う事が出来る様になる。

それが出来るようになったら素晴らしいと思わないかい?

Max for Liveの日本語のおチュートリアルを始めちゃいました。

Max for Liveの日本語のチュートリアルを始めました。Pagesで書きながら、これをブログにペーストするのはとても無理だと思ったのでフォーマットはPDFでタイトルは神奈川県民ですが「Max for Live 101 Tokyo」としました(笑)まだ全然未完成ですが今できた所までをここにアップしておきます。

PDF

作成したパッチ

※最新版はこちら(Latest @2012.10)

 

MaxとMax for LiveとAbletonをセットで使うとこういう動画の様な事が出来ます。(ほんの一例)

Maxの勉強を頑張って世界で一つだけの自分専用のこういうのが出来たら最高ですよねー。

僕の音楽歴は中学からエレキギターを始め、確か大学浪人か大学1年KORG MS-20という素晴らしいシンセサイザーを知り、大学卒業間際あたりでは国内の楽器メーカーに入る為にTI(テキサスインストゥルメント)の主に制御用とに使われるDSPを研究室で學ばさせて頂いたり、Windows上で動作するデジタルフィルタ(FIRや相乗平均)をC言語でプログラミングしたり学生時代にしていました。

現在メインで曲作りに使ってるDAWはLogic,Abletonで、Reaktorはそこそこかディープにかわかりませんが、まあ人並みに使えていると思います(ProToolsLE8はまだまだ修行中)

MaxはMax for Liveを買ってからMaxの教科書を一通り読み、今回はその復習も兼ねてMax4Liveのデバイスを作りつつ、誰かが読んでもわかり易いチュートリアルを書くというかなり途方も無い無茶な事をしていきます(笑)

Max for Liveが出てから正直、Maxをもっと早く買っとけば良かったと思いました。

まだまだMaxは初心者ですのでMaxの諸先輩の方々、 質問とかもここやTwitterに書くかもしれませんのでどうぞよろしくお願いします!
また内容としては基本的なディレイ、シンセ、サンプラーを作りながらシンセの基本とかの知識を復習しつつ、段々改造していこうかと思っています。基本的なデバイスを作ってここはこういう機能を追加したいとか色々と
何かこういうデバイスを作って欲しいとかのリクエストもコメントやTwitterなどで受け付けますよー。

同じ初心者の方は一緒に頑張りましょう!!

303はもう買わなくていいと思えるソフトシンセ

TB-303、TR-808、909と聞くとテクノ、トランス御用達の機材ですよね。 僕はTB303っぽい音を出したい時には本家本元のRolandのV-SynthGTに搭載されているCOSMのTB Filterを使う事が多いんですが、やっぱり単体のハードで欲しい欲がありましたw オリジナルの303もいいんですが編集するときに止めなきゃいけないとか古いものだから怖いってのもあって、303クローンでいいかなと思ってました。 新品で手に入る303クローンだとACIDLAB社Future Retro社やOpenSourceHardwareで自分で組み立てもできるx0xboxなどがあります。 ソフトで303な音を出したいとなると一昔前はRebirth-338がありましたが、これはもうMac上で動かないです。。(iPhoneやiPadでは動きます) で、最近D16GroupってRolandの往年のドラムマシンのTR-909,808,606とTB-303のソフトシンセバージョンを出しているんですが、とてもとてもいい音してます。 303のソフト版のPhosycon(フォジシコンって読むのかな?)のウェブカタログをみると、 波形やスペクトラムをオリジナルと比較しながら忠実に作ったよ!みたいな事が書いてあります。 http://www.d16.pl/index.php?menu=10

なので早速、デモ版を落としたりYouTubeを徘徊してたら、 こんなやばい音に出あっちゃってさらに「スキンが変えられるのかよ!!」って興奮しちゃって値段も7千円ぐらいなのでうっかり買ってしまいましたw でもこのスキン変えるのはどうやるの?ってD16にメールしたら「ごめん、これは前のバージョンで現行のバージョンでは出来ないんだ。でも将来復活するかもよ」って返信が来ましたw。 ちょっとがっかりしましたが音がとてもいいので許せます。 しかもオプションのチューニングの設定で「Battery Low」モードってのがありますw

skitched-20110512-170449-300x222

 

これはとてもいいソフトシンセだと思いますよ。

とりあえずデモ版を使えるので使ってみてはいかがでしょう。 http://www.d16.pl/

D16 Groupのplug-ins達 vs 本物の303、909,808の比較実験映像。

TB-303 Ducumentary

君はAbleton Liveの裏技のDummy Clipを知っているか?

YouTubeやVimeoのAbletonチュートリアル的な動画や、海外のAbletonのTip&Trick的なものを解説するブログなどでは有名なテクニックでDummy Clipという技があります。簡単に言えば空のオーディオクリップでエフェクトやデバイスのオンオフ、ミキサーの値をコントロールするという技でこれを応用すれば色々な面白い事ができるでしょう。
基本的な設定は、以下のようにダミークリップ用のリターンを作っておきそこにセンドオンリーで流しそのリターンをダミークリップをおくオーディオトラックに流しダミークリップをおくトラックのモニター設定を「IN」に設定するという感じです。
ルーティングの設定

例その1:
ダミークリップでエフェクトのチェインをコントロールする。
ダミークリップ用のオーディオトラックにこのような感じでエフェクトラックを作成し、

チェインをこのようにぶつからないように設定します。 以下のようにクリップでエフェクトのチェインをそれぞれ名前に対応したものに切り替えるように設定します。 するとこの動画のようにクリップでエフェクトのチェインをコントロールする事ができます。

例その2:ミキサーのヴォリュームをコントロールして手描きのゲートを作る。
ダミークリップでミキサーのVolumeのエンベローブを描いてやると思った通りのゲート効果を得る事ができます。
これを実験するには持続的なサウンドでやるとわかりやすいでしょう。

普通のオーディオクリップにエンベローブを書いてコントロールすることも勿論できますが、これのよい所は使い回しがきくという所なんじゃないかと思っています。
ここで紹介したのはダミークリップのほんの一例です。
もっと面白い使い方があるかもしれません。
みなさんも色々実験して面白い使い方をみつけてみてはいかがでしょう。
そしてよかったら教えて下さい(笑)

Max for Liveを1年ぐらい使った後の感想&考察

Max for LiveMax /MSPを1年位使ったので2010のMaxのまとめ的に日記を書こうと思います。

何かの本でみかけましたが、世の中のあらゆるツールってのはまず「見よう見まねで使い始める」のが第一段階、そして次第に使えるようになるのが「第二段階」で、「ツールが生活の一部になり、まるで剣道の型のように自然に動く」のが第三段階でその第三段階をクリティカルポイントと言うそうです。

特にこのMaxはクリティカルポイントを超える事が僕的には重要だと最近感じています。

僕はまだMaxを内蔵のチュートリアルや「Maxの教科書」で學び始めたばかりな段階なのでまだ第一段階で勉強している最中なのですが、Abletonで曲を作りながら勉強するのがとても難しいです。

Maxのクリティカルポイントを超えれば剣道の型のように自然にチャチャッと出てきて、曲作りにフォーカスしつつもMaxで作業出来そうですが、現段階では脳味噌がもう一つ必要な感じです(笑)

Max for LiveとAbletonの組み合わせとRewireを返したLogicやProToolsとの組み合わせを試した所、やっぱりMax for Liveが一番Maxを利用し易いと感じました。その他のDAWだとヨッコラショと気合いが必要な感じですがw、それがなくまるで内蔵のEffectを使う感覚です。内蔵エフェクトと組み合わせてデバイスラックとして保存できたりできて再利用可能なのがとてもいいと思います。

Maxの達人の諸兄に読まれると恥ずかしいですがとても簡単に作った最近気に入った&気になるパッチをご紹介。

Plugoのファズを改造

「maxの教科書」に載っているフィルターのカットオフをステップシーケンサーで動かすというパッチを拝借してPlugo for LiveのPlugo Fuzzのインプット段のフィルターのカットオフをステップシーケンサーで動かしてみました。

とても暴れん坊さんな音がして最近とても気に入ってます。

これを使っていると「仮面ライダー ディケイド」劇中の格言『創造は破壊によって生まれる』って言葉を思い出します。

人によっては気持がいい音かもしくはただの雑音かもしれません(笑)

設定によってはMetasonixのエフェクターの様な音が出る気がします(本物持ってないので未確認)

今後はLiveの中のクロックと同期させる事が課題かなと思ってます。

※音量注意!

●Dubspotの気になる動画

NYのDJ、DAWの学校のDubspotがYouTubeにアップロードしたmax for liveでLiveの内蔵のエフェクトなどのあらゆるパラメータをサイドチェインでコントロールする方法が気になっています。まだ詳しくはわかりませんが、どうやら「live.remote~」とかのLive専用のオブジェクトを使っている感じです。とても気になります。こういうものこそMax for Liveでなくてはならないんじゃないでしょうか?今後掘り下げたい部分です。

△な点

  • Macを再起動後にゴミ箱に「oobo」とかいうファイルや何だかよくわからないゴミがRecovered Filesの中に入っている。なんか気持が悪いです。undoの履歴とかかな?
  • たまにMax for Liveが原因っぽい感じで落ちる時があります。。
  • どうも内蔵のオンラインチュートリアルがしっくりこない。iPadやiPhone、Evernoteでも読めるようにしてほしい。僕の場合マニュアルは蛍光ペンや赤ペンで思いついた事を書き込みまくるのでロックされて編集不可なのは痛いです。
  • 可能性が無限過ぎる。有限の可能性の方がクリエイティビティが発揮し易い場合もあると思うし、「へぇ!こんな事もできるのか!」という発見とかがあるけどそれで終わってしまう日がある(笑)

■反省点

まだ思いついたアイデアをすぐに実現できない。「音楽制作」の作業をしていたのにいつの間にか「開発者風」な作業をしてしまっている事がある。「この作業、音楽じゃないじゃん!」って気付く事がある。まあこれはMaxの習熟度の第2、3段階を超えればそういう脱線は無くなるかもしれませんね。

もっと10年位前にmaxを買っとけば良かったと最近思います(笑)

WaldorfのLargoを手に入れた。

最近1000円をコツコツ貯めたお金でドイツのWaldorf社のLargoというソフトシンセを手に入れました。 Waldorfというメーカーをご存知だろうか? シンセサイザーの合成方式の一つであるウェーブテーブル方式を採用したPPGというシンセサイザーを開発したWolfgang Palm氏(デジタルシンセの父と呼ばれる)が始めた会社でWAVE、MicroWave、Q など数々の素晴らしい名器を世に輩出したが、音源方式がマニアックで価格帯が高価であった為か一度倒産してしまいました。

PPG

WAVE

拙僧も大学生の頃にMicroWaveXT とても欲しくいつも枕の下にカタログをしいて寝ていたのだがついにとうとう買えなかった(笑)

とうとう買えなかったXT

しかし、WaldorfはコンパクトなシンセサイザーのBiofeldとソフトウェアシンセサイザーのLargoなどの小規模な(攻撃的でない?)ラインナップでこじんまりと見事にI’ll be backしてきました! ドイツには日本と同じく素晴らしい電子楽器のメーカーが多くとても共感を覚えるのだが、惜しくも倒産してしまったメーカーもある。 Waldorf,Quasimidi,Creamware,… 個人的にはQuasimidiはなんで潰れちゃったのだろうと不思議でならない。友人のQuasimidiのRave-O-Lutionはとてもいい音がしていたので何かいい形で復活してくれたらなとたまに思います。

名器のRave-O-Lution309

で、肝心のLargoの音なのですが現在はとりあえずプリセットを掘り下げて遊んだりしている(勿論そのまま使う機はチャンチャラないよw)のだが、このLargoのサウンドはとても鋭い刃物かノコギリのようです。 またフィルターが素晴らしい! 特にコムフィルター(櫛形フィルター)がヤバい。 フィルターの手前には歪み系が付いていてそれを加えるとまたまたヤバい。 簡単にギューーーーン!って音がでる。 今の所、ツマミを回す度に昇天してしまいます(笑) どんな音がするか聴いてみたい方はこの氏家さんの動画を観てみて下さい。

操作性もある程度シンセサイザーの知識に精通している人ならばマニュアルなど読まなくてもサクサク使えるデザインになっていると思います。(試しにマニュアルを読んでみたのだがフォントが見づらいw) ひょっとしたらソフトウェアシンセのデザインの方がWaldorfは上手なんじゃないだろうか? とりあえずWaldrofには今後は余り無茶(素晴らしいけど鬼高いハードとか)はしないで欲しいと強く思った。(笑) そりゃ俺もハードの方がCPUがウンチャラとか考えなくていいし体の一部の様な感じでいじれて全然好きですが、日本の住宅事情も厳しいしお財布も厳しいので数年前まではしかたなくソフトシンセをいじっていましたが、AbsynthMassiveの様にソフトシンセでしか出せないもしくはハードにしたら相当高いシンセが出てきたり、Artuiraの様にもうとても買えない往年のビンテージを忠実に再現したり、Circleの様にわかりやすいのに優れた結果が得られる(Mac OS的な設計思想?)様なGUIがとてもよく考えられたシンセが出てきてとてもいい状況になっているような気がします。 逆に言えばこれからのハードシンセはそれらの魅力を乗り越えてなおハード(もしくはハイブリッド)に惹き付ける魅力的な要素が盛り込まれなけらばならないと最近思います。 もうハードのPCMシンセは全く欲しいと思えないなぁ。。 曲作りのインスピレーションを得る為に音作りの実験は必要だけども実験しすぎて「実験」としては面白いけど、「曲」としては全くいいと思えないんじゃ意味が無いと最近よく思う。 これはMacや曲作り全般に言える事だと思うが、このLargoもある程度シンセサイザーの知識がある人ならもうスーパーマリオ並みに中毒になる様なシンセだと思うが、高橋名人が言う様にたまに散歩とか休憩を入れて自分自身に「曲としてはどうなのか?」という様な問いかけをするべきだと思う。 ま、とりあえず高橋名人は偉大ってことだよw!