「Mic」タグアーカイブ

37年目の僕というソフトウェア

とうとう音楽バカの僕も37歳になってしまいました。

中学2年の吹奏楽の部室でギターに出会いギターやバンドを初めてはや20年以上が経ってしまいました。

音楽が大好きでずっと続けて参りました。

我が家には95年までコンピューターというものがなく96年にMacintosh Performa 5270に出会って以降、Cubase 4.xからDAW(Digital Audio Workstation)を独学で始め、その後Logic、ProToolsと様々なDAWの使い方を独学して2004年にAbleton Liveという素晴らしいソフトウェアに出会い人生が変わりました。

素晴らしいミュージシャンのインタビューを見ると親が音楽や芸術、演劇をしていてその影響で音楽を始めたという方がとても羨ましく感じる事があります。

僕の両親は全く音楽に対して全く理解がありません。

僕は人の幸せには人の数だけ幸せの形があると思っているのですが、両親やこの日本のほとんどの人は「まともにサラリーマンになって、結婚して子供を作り養いながら、住宅ローンを返す為に毎日満員電車に乗り、歳をとって隠居して年金生活を送って人生を終える」という考えただけで鬱になりそうなテンプレートを押し付けようとしています。

しかも30年以上も自分が好きなバイク道に突き進んで来た親父がそれを押し付けようとするので全く説得力がありません。

親父にとってのバイクが僕には音楽に変わっただけで、死を向かえる最後の最後の瞬間まで楽器やレコーディングを続けて人生を終えれば本望です。

現在、僕は今早寝早起きして様々なプログラミング言語など沢山の事を独学で勉強しています。

Ableton Live PackやMax4Liveのデバイスを販売するWordpressを必至で勉強しているのに、その努力を理解してくれません。

今の僕には音楽とその経験、大切な音楽仲間がとても大切な宝物だと思っています。

だから僕はこの人生、この命をかけて音楽と日本の音楽の為に尽力し、音楽の為に命が燃え尽きるその瞬間まで全力で突っ走る事を決意しています。

音楽以外の事を考えて、例えば明日急性の心筋梗塞やトラックにはねられたらその瞬間にきっと後悔するので、常に音楽のの事を考え音楽の為に全身全霊で走り続けて突然死が訪れても後悔しません。

結婚や子供は欲しいと思っていますが、諦めるしかないのかもしれないと思っています。

これまでシンセサイザー、エフェクター、信号処理、DSP、DAWやプラグインソフトウェアの使い方など沢山の事を独学で学びました。

もう子供は諦めているので、なるべく多くの人にワークショップやブログ、書籍などで継承していきたいと思って日々努力しています。

 さて今年に全身全霊で頑張った事と来年度の目標を書きたいと思います。

今年行なった大きな出来事

公認のAbletonUserGrupTokyoを立ち上げ色々な方々の協力のおかげでワークショップを行なえました。参加者の皆さんがとても熱心に講義に参加して下さり、この様なAbletonユーザー同士の交流の機会が無かったので感謝されて、とても勇気を出してグループを立ち上げて良かったと思います。

今年の前半はボランティアではありますがほとんどこのワークショップの準備をして若干燃え尽きた感もありました(笑)

・英語の勉強を本格的に始めた事。

2月ぐらいから本格的に勉強し始め時々単語を忘れながらも少しずつ英語力が上がった事を実感しました。

・2005年ぐらいからの1人での音楽活動の集大成としてアルバムを出せた事、立て続けにシングルをリリースした事

 

 

嬉しい事に最近、LinkedInというビジネス向けのSNSでKORGの伝説的名器M1のサウンドデザイナーが僕の楽曲を聴いて頂きその方から以下の様なメッセージとアドバイスをいただきました。

`Hi Atsushi,

it’s nice to meet such passionate person!

 

I’ve listen your work… it’s quite extreme in it’s scratching and scorching shape. 

It shows the torn of your struggling soul.

 

But since your scream is loud and scratching it’s somewhat hard to sustain it for long time. 

 

Maybe if you find a little place in your soul where you can balance your musical message bringing down the tension some time to more intriguing technological texture that will not always shout in your face… your musical vocabulary will be richer, and will attract the interest of more people.

 

 

Is just my humble opinion, please do not get offended by it.

 

Best best best`

Soundcloudでのコメントもとても嬉しいですが、こういうメッセージを英語圏の方から頂けてとても嬉しいです。

・自作のシンセサイザーキットを組み立て作って音を出す楽しさを知ったり、既存のシンセサイザーを改造して新しいポテンシャルを引き出せた事。

mutable instrumentのSthrushi-1を組み立て、TechnoやDubでとてもよく使われいてる名器、Roland SH-101をサーキットベンド(ハードウェアのハック)をしこれまでの音も勿論出せますがそれ以上に過激な音を出せるポテンシャルをひきだせました。これは近い将来にAbleton Live PackやKONTAKTにサンプルして販売しようと思っています。

・Ableton Pushを触り始め、チュートリアル的な連載を始めた事。

このブログの購読者ならご存知「目指せPusherシリーズ」を始めました。

Pusherというと怪し~い響きがしますが全くそのような事はしておりません(笑)

ただPushユーザーっていうよりPusherの方が語呂がよかっただけです。

Pushは末永く使えるAbleton Liveを楽器に変えてしまう素晴らしいものだと思います。

続編も近日中に公開しますのでお楽しみに。

来年度の目標

・Ableton User Group Tokyo Workshop 第2回目を開催する。

今後のワークショップでは色々な事をやりたいと思っておりますが皆様のアンケートになるべく答えられる様な講義を僕やゲストを向かえて行ないたいと考えており色々な方と水面下でやり取りをしています。

ただおそらくAbletonやMaxForLiveを初めて触ると言う方やとてもヘビーに使っていてもっとパッチの深い部分を知りたいという方の両方の要望に応えるのが難しいかな?と思っています。例えばMax4Liveでビジュアル的な使い方をしている方が実際に操作して見せるのは初心者でもわかりますがパッチの深い部分の解説となると初心者は難し過ぎて寝てしまうのではないかと思ったりしております。

ただ最後の回はワークショップに申し込めなかったAbletonユーザーの方も入れる様にして交流の機会を作る事が重要だと思っております。

・Arp2600 Cloneを完成させる。

最近、今はなきARPというメーカーのARP2600のクローンが発表されました。

ARPといえばClose encounters of the third(未知との遭遇)のこのシーンで宇宙船と人間のおそらく当時最先端であったセンセサイザーで会話するこのシーンで使われている事で有名です。

 

ARP2600は実際にはこのような大きさで僕が電子工作でこれまで色々作りましたが、おそらく一番大きな規模の基盤になります。

その為に専用の工作スペースやもっとプロフェッショナルに近づける仕事が出来る様に環境を整えようと思っております。

・2014年版のLive9対応のMax4Liveチュートリアルの続編をリリースする

多忙に付きすっかり最新のアップロードがご無沙汰になっておりますが、少しつづLive9対応版を書いておりますのでしばしお待ち下さい。

・自然界の音を録音しまくりiRisで音色を沢山量産する

数ヶ月前にSpectrasonicsの音色などを作られている僕が最も尊敬するサウンドデザイナーのDiego Stoccoさんの凄さは以下のビデオを見ればわかると思います。

Diego Stocco – Music from Nature from Diego Stocco on Vimeo.

Diego Stocco – Music From A Tree from Diego Stocco on Vimeo.

Diego StoccoさんにTwitterで敬意を払って「僕はあなたをとても尊敬している。僕もあなたの様に自然界の音を録音してサウンドデザインを行ないたいのですが、お薦めのマイクはありますか?」と聞いた所「Rode社のマイクがお薦めだよ」と教えて頂きその後Rode社からフォローして頂き細かい技術的な事を教えて貰いました。

Rode社のマイクを使って自然界の音を使って音楽を作ったりiZotope iRisで音色を沢山量産したいです!

・勿論、曲も沢山作り、リリースして生きた証を残しオファーがあればサウンドデザインや楽曲提供もしたいです。また映像に音を付ける事もしてみたいと思っています。

英語の先生の助けられながらビジネス用のSNSLinkedInのプロフィールをブラッシュアップしました。

僕のスキルを見たり音源を聴いて何かオファーしたい事があればご連絡下さい。

I need sound and music related job! 

Please contact me!

http://www.linkedin.com/in/atsushinakayama

・wordpressをもっと勉強しpaypalと連携したオンラインサイトを作る

以前、V-Synthで作ったドラムサウンドをGumroadで販売してみて光の速さで買いたいと言う方がいたのですが、どうもGumroadの知名度がまだ低いせいかカード情報を入力するのが怖くて購入してくれませんでした。GumroadはセキュリティもちゃんとしててPaypalのように余計な手数料がかからないのがメリットなのですが。。

Paypalに対応してくれと簡単に言われたのですがそれをこのサイトにカートボタンやpaypalに連携した決済システムを対応させる為に現在調査中です。

Topspinなどで簡単に販売する事も出来そうですが、月々お金を取られるのがどうも。。w

・DJを本格的に勉強する!

10年以上前にDjやってみようとDj-2000とSL-1200MK3を1つだけ買ったのですが、もう一つターンテーブルを買いそびれて、音楽制作の方が楽しくて中々時間がさけずに10年以上が経ってしまったので、そろそろいい加減にDJを始めたいと思っております。

DJといっても色々ありますが、僕的にはツマミスト(ツマミで演奏する人、僕が作った造語)でもあるので、DJTechToolsのEan Golden氏の様なプレイをしたいです。

その為にはiPadではなくTraktor S4の様なしっかりとしたハードウェアが必要だと思っています。

そしてPushやMaschineの様にひたすら練習し、工夫をすることが大切だと思います。

・もっともっと英語を勉強し世界中のComposer,Sound Designerなどと交流し何かを始める。

今年に入って英語を本格的に勉強し始めました。

その目的はガールフレンドを作りたい訳では全くなく、Ableton公認トレーナーになる事や世界中の作曲家、サウンドデザイナー、音楽ソフトウェアメーカーなどともっと積極的に交流を図りたいと思っているからです。

よく異文化交流の第一歩は自国の文化や歴史を知り、紹介出来る事から始まると誰かが言っていましたがそのとおりだと思います。

あなたはもし外国人とSkypeで話す機会があった時、日本の文化や歴史、風流などを紹介出来ますか?

僕は時代劇も大好きだし、歴史も知っているのでできます。

たまに英語のサイトを紹介して「読めないよ!」と諦めている人がいますがそれは読めないんじゃなくて読もうとしないからです。

これから先、英語は増々必要になり英語が出来ないと損か得かでいえば確実に損をすると思います。幾つになっても勉強する事に遅いか早いかは関係なく、おそれずに勉強するモチベーションを高めて挑戦する事が大事だと思います。

Ableton User Group Tokyo Workshopに関しては、

一人では日本のクラブミュージックを取り巻く状況を変えられないので、

協力して頂ける方(特にFacebook Pageで日本のユーザーに有益な裏技やワークショップで教えたい方!)は、

Ableton User Group Tokyoのメールボックスかこのブログのコンタクトまでご連絡ください。

教える事で自分自身も勉強になりますし、教えたという実績が必ずいい事に繋がると思います。

とにかく音楽的にもっと多忙になりたいです!

もしリミックス依頼、音源提供、サウンドデザイン、雑誌の執筆など音楽に関する記事を依頼したい方はお気軽にご連絡して下さい。

大切な妹が結婚して静岡にこしてからここ暫く会っておりません。

というのもこんな情けない音楽バカで義理の弟に会わす顔が無いからです(笑)

気分的には音楽的にはフーテンの寅さんの気分です。

とかく西に行きましても東に行きましても土地土地のお兄いさん、お姐さんにごやっかいにかけがちになる若造です!

以後、見苦しき面体お見知りおかれまして、向後万端ひきたって、よろしくおたの申します。≦(._.)≧ 

2013年12月12日