「Tutorial」カテゴリーアーカイブ

Blend.ioとSpliceのすすめ

BvsS

以前、GobblerというDAW用のオンラインストレージを紹介しましたが、正直高いです(笑)

今回は無料またはもっと安くプロジェクトをやり取りでき世界中の同じDAW ユーザーとプロジェクトファイルをやり取りしてリミックスや一緒に曲を作ったりできるBlend.ioSpliceを紹介します。

例えば誰かがリミックスコンテストをしたい場合、曲を作ってて「誰かギターソロを入れてください」「BuchlaやMoog Modularはとても買えないので巨匠追加してください」とか色々と使い方が考えられますので僕はSoundcloudと同じくらい知名度が上がって欲しいと思います。

Live8が発表された時にMaxForLive,Akai APC40とShareというものが発表されたもののShareは実現しませんでしたがこのBlend.ioとSpliceはそれの代わりになっているんじゃないかと思います。

日本国内ではSoundCloudは知名度は高いですがBlend.ioとSpliceはまだまだ国内では知名度が低いのが残念です。

しかしこの2つのサービスがもっと認知されるようになったら音楽に携わる人にとって世界は確実に面白くなると思うので紹介します。

今回は去年密かに完成した僕の曲”System Fail”のAbleton Liveプロジェクトを両方にアップロードしてみましたのでどんどんダウンロードして参考にしたりリミックスしたり再編集したりしてみてください。リミックスコンテストとか大袈裟なものでもなく「もっと面白くしてみやがれこのヤロー!」という感じです(笑)

もし面白いリミックスや編集ができたらSpliceやBlend.io、Soundcloudにアップロードしても構いませんがタイトルに「System Fail – electrounin(あなたのアーティスト名義)」とつけてください。

この曲は僕の曲の本の一部でしかありませんが、いないと信じたいですがタイトルと名義を勝手に変えて「俺の曲だ!」とかそういうのはやめてくださいw

そんな人いないと思ってたんですが海外の数人の方がたまにそういう人がいると言ってましたよ。。

 

さてこの2つのサービスを使う際に同じDAWを使っていても同じユーザー同士が必ずしもサードパーティの使っているとは限らないのでプロジェクトをBlend.ioとSpliceにアップロードする前に幾つかルールを設定しておくと懸命かと思います。

プロジェクトをアップロードする際の行った方が良い注意点

  • エフェクター、ソフトシンセはなるべく内臓のものを使う。
  • サードパーティのプラグインを使っている場合はフリーズしてフラット化しておく。
  • Send/Returnでサードパーティのプラグインを使っている場合はリサンプリング(下記参照)しておく。
  • 自分のオリジナルのDAWをアップロードしたい場合は日本語だけでなく英語で書くともっと面白い事が起こる可能性があるので頑張って書いてみてください。
  • Ableton Liveの場合メニューから全て集めて保存をしてプロジェクトをPullした方が再現できる様にしてください。

 

SpliceとBlend.ioの違い

splice Blend.io
対応DAW Ableton Live8~、FL Studio、Logic Pro X、Garage Band

Ableton Live8~、FL Studio、LogicX、GarageBand、Maschine1&2、Reason、ProTools、Cubase、Nuendo、BitwigStudio、AudioStem

プロジェクトのやり取り方法

専用アプリケーションで行う
※①下記参照

blend.ioとDropboxを連携
※②下記参照

※①Spliceの場合

専用アプリケーションをこちらから落としてインストールします。

Mac/WindowsのローカルにSpliceという名のフォルダーが作成されるのでその中にアップロードしたいAbleton Live,LogicXなどのDAWのプロジェクトを置きます。念のためにオリジナルの複製を置いといた方がいいでしょう。

Mac OS Xだと’/Users/username/Splice’に作成されました。

そうするとアプリケーションが以下のように始まります。

Pasted_Image_4_12_15__8_26_AM

 そうすると自分のアカウントにされるので必要事項を入力しPublishすると公開されます。共有はFacebook,Twitterはもちろんこの様にサイトにembeddedする事もできます。

 

※②Blend.ioの場合

blend.ioはdropboxと連携して使うタイプのサービスでなのでよくある他社のDropbox連携サービスの様にblend.ioとDropboxを接続します。

そうすると日本語だと’Dropbox/アプリ/Blend’ 英語だと’Dropbox/Apps/Blend’というフォルダができるのでその中に同様にプロジェクトを置いておくだけで自分のアカウントに追加されます。

最近なぜかDropboxの同期が終わらなかったり、コンフリクトしてフォルダの名前に( (大文字と小文字の区別の問題))という名前が追加され絶不調なので「Web版のDropboxでもできますか?」とBlend.ioに問い合わせた所「Of course!」と教えてもらったので、今回はChromeからアップロードしている状態が以下の画像です。

Blend_-_Dropbox

 また他の人がプロジェクトをPullする前に視聴できる様に”preview”という名前のwavもしくはaiffをフォルダ内に含めておく必要があります。preview-file

そうすると自分のアカウントにされるので必要事項を入力しPublishすると公開されます。共有はSpliceと同様にSNSでの共有やサイトにembeddedする事もできます。

If you want to remix etc,
Please  name “System Fail  -electrounin(your name remix or your name edit).
And Please send me massage or mention.
 [email protected]
Twitter : mekayama

 

目指せPusher!その六:サードパーティのプラグインをPushからロードしやすくする!

 

今回はPushで【Add Track】【Add Track】ボタンを押した後に【Browse】ボタンを押すとLive内蔵のインストゥルメントやエフェクトをブラウスしてロードできますが、それを有償/無償のプラグインもロードしやすいようにする技を書きます。

せっかく有償/無償のプラグインやMaxForLiveデバイスをインターネットからダウンロードしてインストールしてもインストールした事を忘れてしまう事が僕はたまにあります(笑)

 

なので僕はそれを回避する為にプラグインをインストゥルメントラック/オーディオエフェクトラック化していまいます。

 

 

【下準備:ラック化しておく】

今回は誰でも試せる様に僕が愛してやまないTALのNoiseMakerのAudioUnit版をラック化してみます。

以下のようにまずMIDIトラックにロードします。

 

 

01

 

 

そして右クリックでグループを選択すると、

 

02

 

 

以下のようにインストゥルメントラックが作成されます。

ここでPushのツマミもしくはAbleton Live対応のコントローラー(Novation Launch Controlなど)でサードパーティ製のプラグインのパラメータを調整しやすい様にマクロにアサインしておくと便利です。

しかしデバイスパラメータの展開ボタンを押すと、

 

03png

 

アサインしたいパラメーターが無い場合があります。

 

そういう場合は以下のようにプラグイン本体をレンチマークのボタンを押して表示させて、Configureボタンを押してボタンが緑色の状態にします。

 

 04

 

Configureボタンが緑色の状態でプラグインの頻繁に調整したいパラメーターのツマミをさわるとそのスライダーが以下の様に追加されます。

 

05

 

 

そして以下の様にMapボタンか右クリックでPushやLive対応のコントローラーで操作しやすいようにアサインしたり、インストゥルメントラックのタイトルを自分がわかりやすい様にしたりマクロのツマミをカラフルにしてわかりやすく作業を楽しくするのをおすすめします。

 

 06

 

 

 

 

【本題:Pushでブラウスしやすいようにする工夫】

 

準備編で作成したインストゥルメントは僕の場合は以下の場所のどっちかに保存してます。

 

/Users/ユーザー名/Documents/Live 9 User Library/User Library/Presets/Instruments/Instrument Rack

または

/Users/ユーザー名/Documents/Live 9 User Library/User Library/Instruments/Instrument Rack

 

今回僕は「/User Library/Presets/Instruments/Instrument Rack」の下に以下の様にお気に入りのベース音などを保存してみました。

 

07

 

そしてPushで【Add Track】ボタンを押し液晶の次の画面で【midi】を選択して空のMIDIトラックを作成すると、

 09

 

「No Devices Press [Browse] to add a device」と液晶に出るので【Browse】ボタンを押しPushのツマミを回して/User Library/Presets/Instruments/Instrument Rackの場所をブラウスすると作成したフォルダが以下の様に見えました。

 

 10

 

11

 

もっと深い階層に入るイン&アウトボタンを押すと以下の様に上の画像で保存したプリセットが表示され一番右のボタンを押すとロードされ、その後に緑だったボタンが黄色に変わるのでそれを押すと次々に音色をブラウスすることができます。

 

 

In Out

 

↑イン&アウトボタンでさらに深い階層にはいると、先程ほぞんした音色が確認できました。

 

 12

 

 

 

さらにもっともっと見つけやすくして素早くお気に入りのソフトシンセやエフェクトをロードする為にはLive8ではお気に入りのフォルダーの場所が3つまでしか登録出来なかったのに対して、Live9からはお気に入りの場所を好きなだけ(無制限かは不明)Placesに追加出来るので、以下の様に好きなメーカーやお気に入りのインストゥルメントやエフェクトフォルダを作ればもっと見つけやすく素早くロードできます。

 

若干、フォルダの中がカオスなので見せるのが恥ずかしいですが、僕のPLACESに追加しているフォルダーは以下の画像の様な感じです。

 

Pusher5 rtfd

 

「 _#FavInstrument」とか「 _#MyFavEffect」とか僕が名前の頭に付けているのはMacのFinderで色のラベルを付けて任意に並べ替えられますが、Liveのブラウザーはそれが出来ないので任意の順番で好きな様に並べ替える為の工夫です(Liveが警告を出しますがw)。

 

この名前の頭に記号を付ける技はAKAIやYAMAHAのハードウェアサンプラーを使っている時に思いつきました。

DAW以外にも役に立つ場合があるかもしれません。(Windowsヘビーユーザーには当たり前かもしれなかったらすみませんw)

 

 

この状態をPushのブラウザで表示させると以下の様になりもっともっとアクセスがしやすくなります。

またPushでは日本語表示には対応していないので日本語で名付けたものは「????」となるので英語で自分がわかりやすい名前にするのが無難でしょう。

13

 

 

 Pushで内蔵/サードパーティ問わずサクサクと音色を変えられる感覚はやった人にしかわからないと思いますが、NIのMaschine+KOMPLETEでロードする感覚に近いような気がします。

 

またMabelton Audioという方がArturia、Alchemy、U-he、Sylenth1などの超膨大な内蔵のプリセット(たぶん千個以上?)を1つ1つラック化してPushからブラウス出来る様にしたファイルを9ドル程で販売しています。

試しにArturia V collection用のを購入してみましたが確かに快適にArturiaのシンセの膨大なプリセットをロードできます。

 

 

Ableton Liveのラックは内蔵/サードパーティ問わず好きな組み合わせでまとめてマクロのアサイン方法によってもっと便利な使い方がありますが、それはまた後日に書きたいと思います。

 

では Happy Pushing!

 

 

おまけ↓:お薦めのフリーウェア

 

http://kunz.corrupt.ch/

http://sourceforge.net/projects/mda-vst/

http://mda.smartelectronix.com/

http://smartelectronix.com/

http://www.soundhack.com/freeware/

 

 

 

 

 

 

勇気を出して動画チュートリアル始めました。

 勇気を出して動画チュートリアル始めました。

この声は緊張している訳でなく地声です。37歳です。

電話ではよく奥様に間違われますw

この歳でなんでこんな声なのかとたまに聞かれますがそれは僕が一番知りたいです。

例えば100円均一のバイトを頑張って挑戦してみると、だいたい頭の悪いDQNなガキに物真似されます。

高校時代からもう僕の声の物真似されるのは飽き飽きしているのでどんなリアクションをとればいいかわかりませんw

 

とりあえずLiveで曲作りをする楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、国内の音楽教育や国内のクラブシーンが抱える諸問題を解決する為に少しずつこの日本を良くして行きたいと思っているのですが、2月の大雪で大転倒して骨折していしまい、左腕は上腕と肩の付け根が折れている状態ですが、幸いなんとか指先が動き、先日は右腕の操作だけでLiveで尊敬する映画音楽家のハンス・ジマーのコンテストに応募しました。

 

Liveの操作はやはり文章で説明するよりも実際にMan-To-Manや動画で説明するのが一番だと思い、今回はLive9のUIにフォーカスして勇気を出して動画チュートリアル始めました。

初心者向けだけではなく中級者以上にも役立つ動画をYouTubeかVimeoにアップロードして行きたいと思います。

もしリクエストなどがあれば遠慮なくコメント欄に書いて下さい。

よろしくお願いいたします。≦(._.)≧ 

 

 

)

目指せPusher!その五:DrumrackとExternalInstrumentを組み合わせる。

 

今回はAbleton Pushから色々なものをコントロールしたい方の為のヒントとして若干裏技的ではありますが「DrumrackとExternalInstrumentを組み合わせる技」を紹介します。

 

今回は例としてBFD3をDrumRackのパッドからコントロールする方法とDrumRackのパッドからStutterEditをコントロールする手法を

 

①:BFD3をDrumrackとExternalInstrumentを組み合わせからコントロールする技

 

1.BFDをDrumRack化する

 

 

 01

 

 

 

2.External InstrumentをDrum Rackにドラッグ&ドロップする

 2

 

 

3.チェーンリストを表示する。

 

 

 3

 

 

4.入力&出力セクションを表示する

 

4

 

 

 

5.External Instumentの出力先をDrumRackにして、BFD3を選択

 

 5

 

 

 

6.インストゥルメントで鳴らしたいノートを選択

 

6

 

このExternal Instrumentを他のパッドにコピーして鳴らしたいノートの数だけ作ります。

 

BFD3はLogicのDrummerと互換性があり僕はLogic歴が長いLogic Loverでもあるので、LiveでもDrummerのkeymapで使おうと思います。

他のKeymapを使ったりしたい方はここは臨機応変に自由に変えてみて下さい。

 

BFD3をDrum Rackから鳴らす為には以下の数だけ作る必要があるようです。。Σ(゚Д゚;)エーッ!

 

 

7

 

 

 

これは結構面倒くさい作業なので、Huluで映画かドラマを見ながら「Drum Rackで鳴らしてやる!」と闘士を燃やしながら戦うしかなさそうですww

 

そしてなんとか以下の様にExternal Instrumetを駆使してBFD3を鳴らす為のDrumRackが完成しました。

以下の画像で赤色にした部分がBFD本体が入っているチェーンです。

 

8

 

 

今回はBFD拡張音源の“BFD3 Rock 118BPM JM”をBFDにロードしてGrooveパレットからまず鳴らしてそのグルーブをこのドラムラックが入っているMIDIトラックにドラッグ&ドロップして期待通りに鳴るかを確認してみます。

 9

 

 

 

この状態で鳴っている音をWaves Kaermer Master Tapeをかけてオーディオトラックに録音したものがこちら↓

 

 

 

なぜこんな面倒くさい事をしたのかというとBFD3のグルーブを以下の様にPushのDrum Stepシーケンサーでもっと細かく直感的にアレンジ出来るからです。

少々面倒くさくはありますがこれでMac/PCの画面と睨めっこせずにPushでBFDのドラムを納得いくまで編集出来ますよね?

repeatボタンで連打したり、シーケンサーのノートを押しっぱなしで簡単にVelocityやナッジなどを直感的に簡単に調整できます!

 

 

Push

 

 

これはPushでなくてもAKAIのMPDシリーズなどのMPCライクなパッドで使う場合でも使えそうですね。

 

 

①:StutterEditをDrumrackとExternalInstrumentを組み合わせからコントロールする技

 

もう一つ例として、今度はMIDIノートで制御するエフェクトのiZotope Stutter EditをDrum Rack+External Instrumentで制御してみたいと思います。

 

今回はSoniccoutureのKonkrete Drum3のBuchla Percussion KitをDrumRackにロードしてその後にStutter Editをインサートした完成系のラックが以下の様になります。

 

10

 

 

 

ただここで問題が一つ。。

 

このドラムキットのノートとStutterEditをトリガーするノートがぶつかってしまうのです。

 

なのでStutterEditの設定を以下の様にドラムキットで使わないノートにずらしてやり、

 

 

11

 

 

Drum Rackも以下の通りにノートレンジによってドラムキット用とStutterEdit用に設定してやります。

 

 

 12

 

【StutterEditなし】

 

【StutterEditあり】

 

 

この方法はPushにメロディステップシーケンサーが搭載される前に思いついた方法なので、メロディステップシーケンサーが搭載された今はメロディステップシーケンサーでStutterEditをトリガーする方が楽だと思います。

 

このDrum Rack+External Instrumentは他にも色々な応用が考えられそうです。

 

もちろんExternal Instrumentはその名前の通り外部のハードウェアにも使えます。

またDrumRackはメロディステップシーケンサーと違い設定によって好きなパッドで鳴らしたいノートを自由に選べるので覚えておいて損は無いと思います。

 

この記事のコメント欄で「俺はこの手法で〇〇を鳴らしたぜ!」という様なコメントを頂けるととても嬉しいです。

 

 さて次はどんなネタを書こうかなぁ。

何か書いて欲しいネタがあったら遠慮なくリクエストしてください。≦(._.)≧ 

 

 ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

目指せPusher!その四:Live9.1リリース!

先週、いつもYouTubeで勉強させて頂いているNYのDubspotから神業的なフィンガードラムを演奏するJEREMY ELLISさんとDJ Shifteeさんが来日している様でこちらの記事と動画を見て興奮してPushもMaschineMikroMk1ももっと練習してヘビーメタルのギターソロを夜な夜な練習していた高校時代の特訓魂が復活して熱くなっておりますw

Maschineユーザーでなくてもリンク先の動画は必見です。

ギターでもどんな楽器でもそうですが「僕もこんな演奏をしたい!練習したい!」と思わせる様な動画を見て自分自身の気持ちを高める事は演奏能力向上の為にとても大事なことだと思います。

もし憧れの尊敬しているプレーヤーがいるならYouTubeなどでどんどん見て、匠の技を研究し真似してみるといいと思います。

あのギターのライトハンド奏法を考えたエディ・バンヘイレンでさえライトハンド奏法を真似しちゃ駄目とは言っているのを聞いた事がないので技を研究して真似てみてもいいんだと思います。

さて前置きが長くなりましたが、先日Ableton Live 9.1が正式にリリースされました。

まで9.1パブリックベータを試してそのパワーアップ内容にワクワクしていましたのですが、ベーターなので自分の持ってるLivePackを使えなくて「早く9.1出て欲しいなー。でも急いでバグが多いのも困るな。」と心の中で叫んでいましたw

この9.1は自働でアップデートされないので自身のAbleton.comのアカウントにアクセスしてアップデートする必要があります。

9.1のリリースノートを読みながら使ってみて、まず大きな変更点として気が付いたのが

デュアルモニターのサポート

Pushにメロディやコードを打ち込めるメロディステップシーケンサーが追加

メロディステップシーケンサーでの任意のノートの長さ、ナッジ、ベロシティを直感的に変更になった事、

Pushのステップシーケンサーでステップ単位でオートメーションを書ける機能が追加された事SoX Resampler Libraryを使用してオーディオ書き出し時の音質を改善などでしょうか。

その他細かい所はこちらのリリースノートを参照して下さい。

https://www.ableton.com/ja/articles/live-9-release-notes/

英語ですがマークさんのAbleton Live9.1のマインドマップを見ると新機能が把握しやすいかもしれません。

SoXというのはコマンドラインから様々な音声処理、変換、生成を行なうコマンドで公式サイトをみると沢山のオプションがあるようです。

SoXを使ってBytebeatという面白い事ができるのを紹介したいですが長くなりそうなのでまた後日書こうかと思います。

9.1で追加された機能でデュアルモニターはメニューの「表示>セカンドモニター」で出す事が出来るようでおそらく劇的にワークフローが効率よくなると思いますが、まだセカンドモニターを持っていないので今回はスキップしますw

なので今回はPushに追加されたメロディやコードを打ち込めるメロディステップシーケンサーの使い方を紹介します。

今回は先日入手したAutoBeatというMax4LiveデバイスでDrumRackとNIのBattery4を鳴らしてこのようなリズムを先に作っておきました。

ここからBassとリードっぽい音を重ねてみたいと思います。

空のクリップスロットを選択するかPushの「New」ボタンを押した後に

Noteボタンを押します。

1

そうすると今までのNoteノートモードの表示になりここからメロディステップシーケンサーに切り替えるには、

もう一度Noteボタンを押します!

IMG_1415-4

そうするとこのような少し暗めの光り具合でまだノートが何も入力されていない状態になります。

IMG_1416-3

左側のタッチストリップを上下に移動することによりC-2からG8まで入力するピッチを変更し、マトリクス右側のシーン/グリッド切り替えボタンで入力する音符を選択出来ます。

今回はLive内蔵のInstrument RackのSynth Bass>Bass-Addictive Feedbackを使って以下の様なベースラインを打ち込んでみました。

IMG_1417-2

再生すると緑のバーが横に走ります。

写真だけだとわかりずらいと思うので動画を撮りました。

あ、Push以外はちらかってるので見ないで下さいw

(現在Pushの操作を奇麗に上から録画出来るスタンドを探し中です。誰かお薦めがあったら教えて下さい≦(._.)≧ )

そうするとLive側では以下の様に打ち込まれました。

2

あらかじめ用意したビートとPushでベースを打ち込んだ音はこのような感じになりました。

<音声>

同様にシンセのメロディを重ねて見ます。

メロディは内蔵のKeys-Oscillated FM Pianoを使って、

以下の様に打ち込みました。

3

右側のシーン/グリッド切り替えボタンで入力する音符を選択ししますが、

ノートによって長さやベロシティを微調整したい場合は、

まずメロディシーケンサーの打ち込みの画面でノートを以下の様に押しっぱなしにします。

IMG_1427-3

するとこのように「Notes」「Automat」という画面が液晶に表示されるます。

IMG_1428-8

「Notes」はノートの長さ、Fine、Velocity,Nudgeを細かくノートごとに変更できて、「Automat」を押すとステップ単位でオートメーションをPushから描く事ができます。

「Notes」を選択するとPushの液晶が以下のようになり、ナッジ、長さ、ベロシティなどを微調整する事ができます。

IMG_1429-2

「Automat」を選択すると以下の様にAbleton Liveで選択されている青い手のマークの付いたものが液晶に表示されるようです。

この画面でステップごとにオートメーションをクリップに書き込む事ができます。

IMG_1430-3-1

IMG 1430 3 1

またソロとミュートボタンの上のインボタンとアウトボタンで液晶に表示させるパラメータを切り替えてオートメーションを書き込みたいパラメータを選んで書き込む事ができるようです。

貼り付けた画像 2013 11 29 2 34 2 1

以下はPushからオートメーションを書き込んだ例です。

クリップには書き込まれたオートメーションのデータを複数表示できないのでシンプルにみえますが今回は実験的に沢山のオートメーションをクリップに書き込んでみました。

4

メロディを重ねた音はこのようになりました。

Pushを触り始めて「ドラムをPushから打ち込めるのはいいけどメロディはどうやるんだろう?」一番最初に疑問に思いましたが、今回の9.1アップデートでPushにメロディステップシーケンサーの追加でそれが解消されました。

実はこの第四回目の前にDrumRackを工夫してメロディやiZotope社のStutterEditの様なMIDIノートでコントロールするエフェクターをPushからコントロールする技を書こうと思ったのですが書かなくてもいいかな?と思いました。

(リクエストがあったら書きます。)

これで納得いくまでPushとLiveで打ち込みできますね!

これから寒くなりますがコタツでPushってのもありかもしれません(笑)

また冒頭にJEREMY ELLISさんのフィンガードラムについて書きましたが、勿論Pushでもフィンガードラムができます。

その為にはマニュアルを熟読するのは勿論のこと、手をひたすら鍛えて鍛えて鍛えまくり、たまに考えたり工夫したりする事が大事だと僕は思います。また心を鍛えたい気持ちにして高める為に達人達の動画を見るのもいいかと思います。

YouTubeを徘徊すればPushユーザー沢山のユーザーがプッシュしまくっている動画がありますが、このDubspotのDan Freeman氏のPushの動画シリーズはPushユーザーにお薦めだと思います。

鍛えたい気持ちを高める動画

 

僕もこのようにエレガントに操作出来る様に修行します!

ではまた!

Max For Live チュートリアル更新(シンセ編その1)

Max For Live チュートリアル更新しました。

今回はシンセ編第一回でオシレーターのピッチを鍵盤からコントロールし、音量をエンベロープとLFOでコントロールする事について書きました。

ダウンロードはこちら

※最新版はこちら(Latest @2012.10)

 

今回はまだ添付しませんでしたが最終的には以下の様な3OSC、2Filter、1Ampの構成のシンセにしようと思ってます。

 Live-2

 

Max for Liveの日本語のおチュートリアルを始めちゃいました。

Max for Liveの日本語のチュートリアルを始めました。Pagesで書きながら、これをブログにペーストするのはとても無理だと思ったのでフォーマットはPDFでタイトルは神奈川県民ですが「Max for Live 101 Tokyo」としました(笑)まだ全然未完成ですが今できた所までをここにアップしておきます。

PDF

作成したパッチ

※最新版はこちら(Latest @2012.10)

 

MaxとMax for LiveとAbletonをセットで使うとこういう動画の様な事が出来ます。(ほんの一例)

Maxの勉強を頑張って世界で一つだけの自分専用のこういうのが出来たら最高ですよねー。

僕の音楽歴は中学からエレキギターを始め、確か大学浪人か大学1年KORG MS-20という素晴らしいシンセサイザーを知り、大学卒業間際あたりでは国内の楽器メーカーに入る為にTI(テキサスインストゥルメント)の主に制御用とに使われるDSPを研究室で學ばさせて頂いたり、Windows上で動作するデジタルフィルタ(FIRや相乗平均)をC言語でプログラミングしたり学生時代にしていました。

現在メインで曲作りに使ってるDAWはLogic,Abletonで、Reaktorはそこそこかディープにかわかりませんが、まあ人並みに使えていると思います(ProToolsLE8はまだまだ修行中)

MaxはMax for Liveを買ってからMaxの教科書を一通り読み、今回はその復習も兼ねてMax4Liveのデバイスを作りつつ、誰かが読んでもわかり易いチュートリアルを書くというかなり途方も無い無茶な事をしていきます(笑)

Max for Liveが出てから正直、Maxをもっと早く買っとけば良かったと思いました。

まだまだMaxは初心者ですのでMaxの諸先輩の方々、 質問とかもここやTwitterに書くかもしれませんのでどうぞよろしくお願いします!
また内容としては基本的なディレイ、シンセ、サンプラーを作りながらシンセの基本とかの知識を復習しつつ、段々改造していこうかと思っています。基本的なデバイスを作ってここはこういう機能を追加したいとか色々と
何かこういうデバイスを作って欲しいとかのリクエストもコメントやTwitterなどで受け付けますよー。

同じ初心者の方は一緒に頑張りましょう!!