MaxForLive日本語チュートリアル

最新更新日はLive8,Max/MSPの頃で若干古いかと感じられるかも知れませんが、

MaxForLiveのデバイス作成の流れやシンセサイザーの仕組み、LiveのBPMと同期する方法などを図を多用してわかりやすく解説しました。

現在のLive 9 suiteとオリジナルのMaxForLiveデバイスを作成する手順はこの日本語チュートリアルで説明した手順と同じ流れで作るので、つかみはOK!だと思います。

流れを理解して是非あなただけのMaxForLiveデバイスを作成する挑戦をするとっかかりになれば幸いです。

日本語チュートリアル最新版

(PDF, 幾つかの僕が作成したデバイスも含めて無料です!)